Omiai

OmiaiでFacebook登録するときの注意点を解説!

更新日:

Omiaiの登録方法は二つあり、Facebookで登録する方法と電話番号で登録する方法があるので好きな方を選んで登録してもらって問題ありません。

 

しかしFacebookで登録する方法は簡単ですが注意点もあります。

 

注意点をスルーしてしまうと登録がうまく完了しないこともあるので、登録するときによく確かめることが重要です。

 

今回はOmiaiをFacebookから登録するときの注意点とFacebookで登録するメリット、デメリットについて詳しくご紹介していきましょう。

 

Omiaiの公式サイトはこちら

 

OmiaiでFacebook(フェイスブック)登録するのはメリットとデメリットがある

Facebookで登録する際のメリットは簡単に説明すると、友達に身バレしにくくなること、登録が簡単になるという2点があります

 

身バレしにくい理由は、Facebookの友達同士はOmiaiに表示されないという設定になっているからです。

 

また登録する時には、Facebookから登録すれば、FacebookのIDとパスワードを利用して簡単にOmiaiにログインできます。

 

電話番号からOmiaiに登録する際は、電話番号とパスワードの登録作業が必要なので、Facebookからの方が簡単にOmiaiに登録できます。

 

デメリットとしてはFacebook登録時の写真がOmiaiのプロフィール写真になること、またFacebookで使用されているイニシャルがOmiaiのニックネームとしてそのまま使用されるというデメリットがあります。

 

しかしデメリットに関しては解決方法があるので、順をおって解説していきます。

 

OmiaiでFacebook(フェイスブック)登録するときの注意点

 

Facebookの交際ステータス次第では登録できない

Omiaiは恋人を探すのが目的なので、Facebookの交際ステータスで交際中や既婚という登録がある場合、Omiaiを登録できないシステムになっています。

 

仮に過去の交際ステータスを修正していなかっただけでも、第三者から見ればアウトなので登録する際には注意しましょう。

ただしFacebookの交際ステータスが離婚である場合は独身でフリーということなので、問題なくOmiaiに登録できます。

 

Facebookの名前と生年月日が間違っていると年齢確認の審査に落ちる

Omiaiは有料会員になる際に年齢確認をするので、Facebookの生年月日と、Omiaiが保険証などで確認した生年月日が違えば審査に落ちてしまいます。

 

Facebookの生年月日と保険証などの情報を照合して、身元を確認しているのでFacebookの生年月日と違えば審査が通らないのは当然です。

 

Facebookの生年月日が入力ミスで間違っていても、保険証の生年月日と違えばどちらが正しいのか判断できないので、Facebookの生年月日が正しいかどうか今一度確認してみましょう。

 

Facebook登録すると名前がイニシャルで登録される

Omiaiの最初の登録では、Facebookで登録されている名前をイニシャルにしてOmiaiのニックネームを作ります。

 

しかしイニシャルで登録されているのが気に入らなければ後から変更が可能です。

 

Omiaiのマイページからニックネームにいつでも変更できます

 

何かに名前を登録する際、イニシャルを使用することは普通のことです。

 

しかしOmiaiの場合、マッチングすれば相手からイニシャルで呼ばれることになります。

 

イニシャルよりも、呼びやすいニックネームに変更した方が相手にとっては親しみやすさを感じてもらえるでしょう。

 

Facebookの写真がそのままメイン写真に設定される

Facebookで登録されている写真が、Omiaiのプロフィール写真にそのまま利用されます。

 

しかし最初にFacebookで登録してある写真は、Omiaiに利用したくないと思う人が多いので、後から変更ができるようになっているため安心です。

 

最初に登録している写真を一瞬でもOmiaiに利用したくないと思う人は、最初だけFacebookの写真を変更しておくのでもいいでしょう。

 

Facebookの写真がOmiaiに利用されているの知りながら、変更するのを忘れてしまうと後からショックを受ける可能性があるので写真を変えたい人は初期登録と同時に変更するのがおすすめです。

 

Facebook友達数がプロフィールに載る

先でも述べましたが、Facebookの友達数はOmiaiのプロフィールに載ります。

 

Facebookの友達数が多いほど交友関係が広いと思われる傾向が強いです。

 

逆に言えばFacebookの友達数が少なめの人は、交友関係が狭く深いタイプの人だと思われる傾向にあります。

 

どちらが良いという問題ではなく、あくまで目安として人物像の判断材料になるということです。

 

Facebookからの登録は、Facebookの友達数が必ず載るので気になる人は電話番号でのOmiai登録がおすすめです。

 

電話番号から登録すれば、Facebookの友達数がプロフィールに載ることはありません。

 

Facebookから登録を考えている人は、念のためOmiaiにFacebookの友達数が載るということを覚えておきましょう。

 

OmiaiでFacebook(フェイスブック)登録する時のよくある疑問

登録するとFacebookのOmiai広告にいいねがつく?

Omiaiの広告がFacebookに載ると、勝手にいいねがついてしまう時がありますが、いいねがついたからと言ってFacebookの友達にOmiaiの利用がバレるということはありません。

 

また友達がOmiaiの広告にいいねを送ったのは自分のOmiai利用がバレれたから、ということでもないです。

 

実はOmiaiの広告にいいねがつくのは、広告をタップしたら自動でいいねがついてしまうという仕組みになっているからです。

 

自動でいいねがついてしまうので、本人が意図せずともいいねがついてしまうことがあります。

 

なので、いいねがついたからといってOmiaiの利用がFacebookの友達にバレているわけではありません。

 

Facebookの友達数は何人必要?

OmiaiではFacebookの友達がゼロ人でも登録することが可能です

 

どういう意味かと言えば、Omiai以外のマッチングアプリでは友達の人数が一定数いないと登録できない場合もあるからです。

 

例えば他のマッチングアプリで有名な「with」ではFacebookの友達が10人以上いないと登録ができない仕組みになっています。

 

なぜならFacebookの友達が一定数いる人の方が、わざと不正アカウントで登録している人ではないと証明できるという利点があるからです。

 

しかしOmiaiに関してはセキュリティー対策を24時間、365日行っているので悪質なユーザーが入り込まない仕組みになっています。

 

ですからFacebookの友達数に関係なくOmiaiに登録が可能です。

 

OmiaiでFacebook(フェイスブック)登録すれば友達にバレることはない

Facebookの友達はOmiaiに表示されない設定になっているので、FacebookからOmiaiを登録すれば友達にはOmiaiの利用がバレずに済みます。

 

なのでFacebookからOmiaiを登録した方が身バレを防ぐという点からもメリットが大きいです。

 

しかしデメリットとしては、Facebookの写真が、そのままOmiaiのプロフィール写真になることや、Facebookの友達数がOmiaiに載ることなどがあります。

 

身バレを防ぐというメリットもありますが、デメリットもあるので、FacebookからOmiaiを登録する方が絶対にいいとは言い切れません。

 

 

ですがFacebookの友達数が多い人は、Omiaiで身バレする可能性が高くなるので、自分のプライバシーを強く守りたい人であれば、FacebookからOmiaiに登録する方がおすすめです。

 

どうしても心配な方はFacebookなしでも登録できる

FacebookからのOmiai登録は、プロフィール写真がFacebookの写真と同じになったり、ニックネームがFacebookの名前からイニシャルで登録されたりするため注意が必要です。

 

なのでFacebookからのOmiaiの登録が万人におすすめというわけではありません。

 

もし心配であれば、電話番号からでもOmiaiに登録することが登録できます。

 

電話番号で登録すれば、Facebookの友達数がOmiaiのプロフィールに載ることもありません。

 

また、Omiaiの安全対策が万全なので、個人情報である電話番号で登録しても、電話番号がOmiaiの登録以外で使われる心配は絶対に無いので安心です。

 

 

実際に電話番号で登録ができるようになったことにより、Omiaiの登録者数も2018年9月時点で累計351万人を突破しました。なので今後もさらにOmiaiの登録者数は上がっていくでしょう。

 

またOmiaiのセキュリティ対策は他のマッチングアプリと比べても万全なので、個人情報がもれる心配はありません。

 

まずは自分のライフスタイルに合わせてOmiaiを無料登録し、楽しんで恋活婚活をしていきましょう。

 

Omiaiをまだ無料登録していない方はこちら

 

Omiaiへ既に登録している方へおすすめのマッチングアプリを紹介

  • もっと結婚を真剣に考えている会員が多いマッチングアプリを使いたい
  • Omiaiより会員の多いマッチングアプリで活動してみたい
  • Omiaiより使いやすいマッチングアプリは他にないの?

Omiaiをすでに利用していて、少しでも不満がある場合は別のマッチングアプリを利用してみるようおすすめします。

 

マッチングアプリの数は多く、人によってはOmiaiよりも他のマッチングアプリの方がうまくいくケースも珍しくありません。

Omiai以上におすすめのマッチングアプリはいくつもあります。

現在、出会い探しがうまくいっていない方は、Omiaiとは別のマッチングアプリを無料会員で試してみてはいかがでしょうか?

乗り換えてみたらすぐに出会いが見つかったというのも珍しくない話です。

今回は特におすすめな2つのマッチングアプリについて紹介します。

 

マッチドットコム

「もう少し結婚を真剣に考えている人と出会いたい」

Omiaiは恋活・婚活の両方を兼ねているマッチングアプリです。そのため結婚を考えた出会いを見つけたい人には婚活している人が多いマッチドットコムをおすすめします。

 

60%の人がメール交換して1ヶ月以内で恋人ができているぐらい出会いに真剣なマッチングアプリとなっており、成婚の実績も高いです。

 

真剣に婚活している人が多いため、はっきり顔の写った写真掲載率が高いですし、結婚カップルのうち44%が1年と短い交際期間で結婚に至っています

ちなみにメールアドレスがあれば、3分程度で無料会員登録が可能です。

まずは無料会員でどんな異性がいるのか、顔写真とプロフィールを閲覧してみるようおすすめします。

 

マッチドットコムの無料会員登録はこちら

 

ペアーズ

「Omiaiに不満はあまりないけど、もう少し多くの出会いが欲しい」

Omiaiと似ているマッチングアプリでおすすめなのがペアーズです。

 

ただ似ているといってもペアーズはOmiaiの上位互換といっても過言ではありません。

ペアーズはOmiaiとほぼ同時期にリリースされたマッチングアプリであり、日本でマッチングアプリを流行らせた2トップとも言われています。

 

ただOmiaiとペアーズは似ているマッチングアプリであるものの、使いやすさや趣味で検索できるなど機能の豊富さからペアーズに人気が傾いています。

Omiaiは現在累計会員数が350万人を突破したところですが、ペアーズは800万人を突破しており、会員の人数でいえば単純に2~3倍です。

Omiaiよりも数多くの出会いを見つけやすくなっていますので、Omiaiで思うように出会いが見つからない方は、会員数の多いペアーズで出会いを探してみるとよいでしょう。

 

ちなみにペアーズはOmiaiと同じように女性なら完全無料で利用可能です。またFacebookアカウントか電話番号があれば無料会員登録できます。

まずは無料会員でどんな異性がいるのか、顔写真とプロフィールをチェックしてみるところから始めてみましょう。

 

ペアーズの無料会員登録はこちら

 

この記事が気に入ったらフォローしよう

-Omiai

Copyright© お見合いアプリ , 2020 All Rights Reserved.