Omiai

Omiaiでブロック・非表示はできる?やり方と解除方法を解説

更新日:

Omiaiで自分が苦手な人と出会ってしまい、相手に自分が利用していることを隠したいと思っている方も多いかもしれません。

 

Omiaiにはユーザーが安全に利用するために、以前は非表示がありましたが、今はブロックという機能が設けられています。

 

ブロックは簡単に設定できて、非表示よりも効果が強いです。

今回はブロックと非表示の違いや、ブロックの機能や使い方について詳しく紹介していきます。

 

Omiaiの公式サイトはこちら

 

Omiaiは非表示機能がなくなりブロックできるようになった

ブロックの以前にあった機能は、非表示という機能で、相手から自分を非表示にはできるものの、マッチング後であれば相手はメッセージが送れたり、プロフィールを見ることができました。

 

しかしブロックは、相手からは自分が退会したと表示されます。

なので自分の情報は相手から一切見られません。

 

マッチングした相手でも関係なく自分がブロックした相手は、一切自分の情報は見られなくなります。ブロックされた相手は、ブロック後あなたにメッセージも送れません。

 

今のブロックという機能は、非表示の欠点をすべて改善したものになっています。

 

非表示よりさらに安全な機能にリニューアルされたので、プライバシーがより守られるようになっています。

 

Omiaiでブロックできない?やり方を解説

Omiaiのブロックは複雑で難しいのではと思われているかもしれません。

しかし、決して難しくなくとても簡単です。

 

まずOmiaiの画面で、ブロックしたい相手を探します。

 

相手が見つかったらプロフィール画面に入り、画面右上の「…」のマークをタップしてください。

 

 

 

タップすると「ブロック」という項目が出てくるのでブロックをタップします。

ブロックがタップできたら、設定は完了です。

 

 

相手をブロックした瞬間から、ブロックされた相手からは、あなたが退会したという表示しか見れず、ブロックされたことが分からなくなります。

 

Omiaiのブロックは解除できないので注意

以前のOmiaiの非表示は、非表示を自分から解除することができました。

 

しかし、今のブロック機能は自分でしたブロックは解除することができないため一度ブロックした相手は、自分のことをこの先ずっと見れなくなります。

 

また非表示と違いブロックすれば、相手からも自分からもメッセージを送ることはできません。

 

再登録すればブロックが解除されると思う人いますが、Omiaiを再登録した時でも一度ブロックした相手は二度と表示されなくなります。

なので操作ミスで間違って相手をブロックしないようにしましょう。

 

また以前の非表示の機能とは違う点で、ただ見えなくなるのではなく、退会したという表示が出ます。

 

実際はまだ登録していても、退会したという表示がでるのでブロックしたことがバレないようになっています。

 

非表示は少し距離を置くために使える機能でしたが、ブロックは今後も出会うことがないと思う相手に使う機能なので、間違ってブロックしないように注意が必要です。

 

LINE交換後にブロックされる理由とは?

LINEを交換したのに、Omiaiでブロックされてしまう人がいるかもしれません。

 

Omiaiにはイエローカードという機能があり、規約に違反した人に注意喚起するシステムがありますが、注意喚起しても改善されない場合、最後は強制退会になります。

 

強制退会になれば相手と連絡がとれなくなるので、ブロックされた状態と同じになり、LINEでやり取りできても、Omiaiでは連絡がとれなくなる状態になっている場合があるので注意が必要です。

 

またLINEを交換した後にブロックするのは業者の可能性もあります。

連絡先を交換することが目的なので、LINEが交換できれば相手をブロックしても問題がないからです。

 

そしてブロックさえすれば、後から通報されるのを避けられます。

LINE交換を急かされた場合、業者の可能があるということです。

 

たとえLINEを交換していても、ブロックされた時点で、諦めて次の人を探した方がいいでしょう。

 

Omiaiでマッチング数が増えてきたらブロックで整理するのもアリ

いいねをもらう数が多いと自然とマッチング数が増えていきます。

 

マッチングするのはいいことですが、相手が増えすぎるとメッセージのやりとりが大変で、自分が困ってしまいます。

人気会員にもなればマッチング数は相当増えるでしょう。

 

あまりにもマッチングが増えすぎて困った場合は、自分から相手をブロックして整理すれば、Omiaiが使いやすくなります。

 

ブロックした方は苦手な人に対して使うだけでなく、マッチング数を整理するためにも使っても問題ありせん。

 

ブロックしても相手は退会したと思うので、相手を傷つけることがないため安心です。

 

ブロック機能を利用して、自分がOmiaiを快適に使えるようにしていきましょう。

 

Omiaiをまだ無料登録していない方はこちら

 

Omiaiへ既に登録している方へおすすめのマッチングアプリを紹介

  • もっと結婚を真剣に考えている会員が多いマッチングアプリを使いたい
  • Omiaiより会員の多いマッチングアプリで活動してみたい
  • Omiaiより使いやすいマッチングアプリは他にないの?

Omiaiをすでに利用していて、少しでも不満がある場合は別のマッチングアプリを利用してみるようおすすめします。

 

マッチングアプリの数は多く、人によってはOmiaiよりも他のマッチングアプリの方がうまくいくケースも珍しくありません。

Omiai以上におすすめのマッチングアプリはいくつもあります。

現在、出会い探しがうまくいっていない方は、Omiaiとは別のマッチングアプリを無料会員で試してみてはいかがでしょうか?

乗り換えてみたらすぐに出会いが見つかったというのも珍しくない話です。

今回は特におすすめな2つのマッチングアプリについて紹介します。

 

マッチドットコム

「もう少し結婚を真剣に考えている人と出会いたい」

Omiaiは恋活・婚活の両方を兼ねているマッチングアプリです。そのため結婚を考えた出会いを見つけたい人には婚活している人が多いマッチドットコムをおすすめします。

 

60%の人がメール交換して1ヶ月以内で恋人ができているぐらい出会いに真剣なマッチングアプリとなっており、成婚の実績も高いです。

 

真剣に婚活している人が多いため、はっきり顔の写った写真掲載率が高いですし、結婚カップルのうち44%が1年と短い交際期間で結婚に至っています

ちなみにメールアドレスがあれば、3分程度で無料会員登録が可能です。

まずは無料会員でどんな異性がいるのか、顔写真とプロフィールを閲覧してみるようおすすめします。

 

マッチドットコムの無料会員登録はこちら

 

ペアーズ

「Omiaiに不満はあまりないけど、もう少し多くの出会いが欲しい」

Omiaiと似ているマッチングアプリでおすすめなのがペアーズです。

 

ただ似ているといってもペアーズはOmiaiの上位互換といっても過言ではありません。

ペアーズはOmiaiとほぼ同時期にリリースされたマッチングアプリであり、日本でマッチングアプリを流行らせた2トップとも言われています。

 

ただOmiaiとペアーズは似ているマッチングアプリであるものの、使いやすさや趣味で検索できるなど機能の豊富さからペアーズに人気が傾いています。

Omiaiは現在累計会員数が350万人を突破したところですが、ペアーズは800万人を突破しており、会員の人数でいえば単純に2~3倍です。

Omiaiよりも数多くの出会いを見つけやすくなっていますので、Omiaiで思うように出会いが見つからない方は、会員数の多いペアーズで出会いを探してみるとよいでしょう。

 

ちなみにペアーズはOmiaiと同じように女性なら完全無料で利用可能です。またFacebookアカウントか電話番号があれば無料会員登録できます。

まずは無料会員でどんな異性がいるのか、顔写真とプロフィールをチェックしてみるところから始めてみましょう。

 

ペアーズの無料会員登録はこちら

 

この記事が気に入ったらフォローしよう

-Omiai

Copyright© お見合いアプリ , 2020 All Rights Reserved.